白衣やスクラブの購入はランキングを参考に選ぼう

スクラブとは?

スクラブとは医療用白衣のことです。半袖で首元がVネックになっています。「ゴシゴシ洗う」という意味を持つ、scrubが語源です。スクラブは強く洗っても痛みにくく、頑丈な生地を使用しています。頻繁に洗濯する機会の多い人にとって、便利なアイテムです。

白衣を選ぶ際に重視するポイントTOP5

no.1

【第1位】衛生面

白衣選びをする中で「衛生面」は大切なポイントです。汚れが付着した状態が続くと、新たな感染症を引き起こすケースも。常に清潔な状態を保てるよう、何度も洗濯可能な白衣を選ぶ人もいます。

no.2

【第2位】災害予防

医療従事者はもちろん、研究者も白衣を着用します。薬品を取り扱う機会のある研究者が、災害予防のために白衣を着るケースもあるようです。そのような場合、薬品や火傷などに耐えられる生地が白衣を選ぶポイントになります。

no.3

【第3位】カラーで選ぶ

制服としての面から、白衣を選択する場合もあります。医師は白、薬剤師はブルーというように役職や身分によって選ぶこともしばしばです。白衣には、白だけでなく様々なカラーが販売されています。

no.4

【第4位】値段

白衣を選ぶ上で、値段も重要なポイントです。白衣は作業着としての側面もあることから、他の洋服に比べてキズや汚れが付着しやすいでしょう。「頻繁に買い換えるとなると、コストは安い方が良い」と考える人が多いです。

no.5

【第5位】動きやすさ

白衣を選ぶ際、動きやすさを重視する人も少なくありません。動きにくい白衣であれば、処置を施す時にも支障が出やすくなるでしょう。動きやすい白衣は作業効率を良くするだけでなく、患者の安全にもなり得るのです。

白衣やスクラブの購入はランキングを参考に選ぼう

医者

白衣やスクラブは専門サイトで購入

白衣やスクラブは、専門のサイトで購入すると良いでしょう。専門外のサイトは中古品であったり、白衣の機能性が充分でないこともあるようです。専門のサイト内では、プリントや刺繍ができる所もあります。裾上げやオーダーメイドを受け付けているサイトも多いです。配送可能なので、まとめ買いにもおすすめ。種類も豊富に揃っていることから、自分の希望に合った白衣を探しやすいです。忙しい時にもすぐに注文でき、便利なサイトとなっています。

失敗しない白衣やスクラブの選び方

白衣やスクラブを選ぶ際には「自分の職種に、その白衣が合うかどうか」も大切です。例えば、スクラブはポリエステルのものが中心になります。ポリエステルは薬品や熱に弱いため、研究者は避けた方が良いとされています。綿の白衣はほつれやすい特徴があるため、頻繁に洗濯をする人には向きません。沢山動かなければならない職種であれば、風通しの良い半袖が良いとされています。小さな子供を診る医者は、患者に安心感を与えるため、白以外の白衣が良いようです。

医療用帽子の活用方法

医療用帽子は、頭皮をカバーする目的で作られたものです。頭皮を隠すことはもちろん、直射日光や乾燥などの刺激から保護する効果も期待されています。病気療養中であったり、怪我で頭皮が傷ついた状態は、肌もデリケートになりがちです。そのような状態から頭皮を守る、肌触りの良い生地となっています。医療用帽子は外出の時だけでなく、睡眠時にも活用できます。吸収性や保湿性に優れた医療用帽子も多いです。睡眠中の汗や寒さを解消する役割もあるでしょう。

医療用帽子の価格相場

医療用帽子の価格は2000〜5000円程度となっています。生地が良い製品や、縫製が丁寧な医療用帽子は高くなる傾向です。皮膚が弱い人には、オーガニックコットンを使用した医療用帽子がおすすめになります。オーガニックコットンの医療用帽子は3000〜5000円前後の相場となっているようです。医療用帽子にウィッグが付いているものもあります。ウイッグ付きの場合は安い物で、およそ3000円の価格です。このように、帽子の形状や生地によって値段に若干の変動があります。

医療用帽子の種類とそれぞれの特徴

ネックウォーマーとしてもOK

医療用帽子の中には、ネックウォーマーとして使用できる種類があります。カラーバリエーションも豊富で、お洒落を楽しめる医療用帽子です。病気や怪我が治った場合にも、使う機会のある帽子と言えるでしょう。

外出用の帽子

外出用の帽子には、頭皮をしっかりとカバーできる種類が沢山あります。頭皮の違和感が分かりにくい「ウィッグ付きの医療用帽子」も人気です。見た目を重視した可愛らしいデザインも多くなっています。

就寝用の帽子

就寝用の帽子は肌触りの良い生地を使用し、優れた通気性が特徴です。睡眠の質を良くすることが、病気の回復を早めるとも言われています。就寝用の帽子は、睡眠中の患者にも負担の少ない構造です。

夏用の帽子

夏の医療用帽子は、吸水性に優れています。また、紫外線を通さない加工がされているものも。入院中の冷暖房対策に特化した帽子もあります。汗をかきやすい時期であることから、風通しの良い生地も多いです。

冬用の帽子

冬用の帽子は、頭皮を冷やさないように様々な工夫が施されています。通常のニット帽はチクチクしてしまうことも多く、医療用には向かないでしょう。肌の刺激を抑えた、暖かい医療用帽子が数多く出回っています。

広告募集中