低血圧を改善するための方法【健康食品でスッキリ生活】

ヘモグロビンと鉄分

ガッツポーズの女の人

血液中の酸素不足

貧血とは、血液自体が少なくなっている状態のことではなく、血液中の酸素が不足している状態のことです。呼吸によって体内に入ってきた酸素は、血液によって全身に運ばれます。そして全身の細胞のミトコンドリアに供給されるのですが、酸素が少ないと細胞はその供給を受けることができなくなります。するとミトコンドリアの働きが悪くなり、その結果体が疲れやすくなったり、めまいを起こしやすくなったりするのです。酸素は、血液中のヘモグロビンによって運ばれます。つまりこのヘモグロビンが少ないと、酸素がうまく運ばれなくなるということです。そしてヘモグロビンは、鉄分によって体内で生成されやすくなります。そのため貧血に悩む多くの人が、ヘモグロビンの量を増やすために、鉄分をサプリメントで摂取しています。

動物性の鉄分

鉄分は、食事からも摂取することができます。特に鉄分が多く含まれていることで知られているのは、ほうれん草とレバー肉です。しかしこれらを比較すると、レバー肉の鉄分の方が、より人の体にはなじみやすいです。なぜなら人は動物ですし、レバー肉も動物の体の一部だからです。動物という点で共通しているので、レバー肉から摂取した鉄分は、人の体にスムーズに使われるのです。そのため貧血の改善には、ほうれん草よりもレバー肉を多く食べた方が効率が良いと言えます。とはいえレバー肉は肉類ですから、多く食べることでカロリーオーバーとなってしまう可能性が生じます。ところがサプリメントなら、その心配はありません。カロリーオーバーの心配をすることなく、貧血の改善に必要となる量の動物性の鉄分を、的確に摂取できるのです。